×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの金利は固定か変動か

住宅ローン金利の選び方ですが、金利によって返済額が大きく変わってきます。
現在では、固定金利がいいかもしれませんが、変動金利にしたほうが良かったということもありうります。
どちらが良いか一概には言えませんが、どのようなライフスタイルになるかで異なってくるのではないでしょうか。
最初に住宅ローンの支払総額を確定させたいのであれば、全期間固定金利の住宅ローンが良いでしょう。
返済額が一定ですので、変動金利のローンのように、将来金利が変わることによって返済額が多くなってしまい、将来設計に支障が出てくるかもしれないことは避けられます。
借入期間が短い住宅ローンの場合は、変動金利の選択が良いでしょう。
数年で大幅に金利が変わるということはないと考えられます。
変動金利よりも固定金利は高く金利設定されているため、返済額が多くなってしまうことが考えられます。
将来、繰り上げ返済や住宅ローンの借り換えを考えている方は、変動金利の住宅ローンを選択すると有利になる場合が多いようです。

長期固定金利の住宅ローン、フラット35

住宅ローンのフラット35は長期固定金利の住宅ローンになり、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して行っている融資で、
都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合などで取り扱っています。
各金融機関によって金利が異なり、最長で35年間、固定金利が適用されまので、融資を受ける最初の金利が重要になります。
フラット35の住宅ローンの融資対象の物件は、受託金融支援機構が定めた建築基準に適合していることと、頭金が1割以上必要なことが条件です。
フラット35の住宅ローンの借り入れ時、諸費用の額が結構大きいため、返済の総額が大きくなってしまう場合がありますので、よく確認が必要です。
住宅ローンではよく団体信用生命保険に加入することも条件になっていますが、フラット35は加入しなくても、借り入れが可能ですが、ほとんど加入されているようです。
各金融機関ではフラット35はあまり利益がないので独自の長期固定ローンを扱っていますので、ライフスタイルにあった住宅ローンを選択するには、それぞれ検討してみるのが良いでしょう。

住宅ローンの返済は毎月払い

住宅ローンの返済計画で、ボーナスの収入に頼った場合、将来ボーナスの支給額が減少したり、ボーナスがカットされた時などには、家計が苦しくなることが予想されます。
将来的にみて、ボーナス併用による住宅ローンの返済計画は、問題を抱えているかもしれません。これに気がついた人達が、住宅ローンの返済にボーナス併用を行わないで、毎月均等払いの返済を選択しています。
子どもの教育費や家族の保険料、固定資産税などの税金といろいろな出費があり、マイカー購入する計画や余暇の計画とお金はその時によって必要になります。
夫婦共働の家庭でも、将来ずっと奥さんが働けるかどうかもわかりません。
毎回のボーナスのほとんどを住宅ローン返済に使ってしまっては、せっかくの収入も家族での楽しみがなくなってしまいます。
しかし、ボーナス併用の返済を賢く利用することによって、住宅ローンの返済が先々楽になることもあります。
毎月の支払いで返済し、ボーナスで繰り上げ返済を繰り返し、返済期間が短くする方法では、ローン当初では金利負担分が多いですから、かなり得をしたように感じますよ。

Copyright © 2008 住宅ローンの金利と返済方法